現在の展示:展示室[画像]
次の展示 鉛筆[区切り]

2018年4月1日(日)〜2016年6月4日(月)
ー特集 黒井健の描くキツネ ー

展示作品
1F 「ひとりぼっちのつる」(新刊)

2F キツネが登場する絵本、8作品から抜粋した展示になります。

1階展示室 鉛筆[区切り]
ひとりぼっちのつる

「ひとりぼっちのつる」

文・椋鳩十
出版・ 2018年発行/理論社

「科学的な動物物語にことよせて、生きることの美しさを、お母さん方に、うったえてみたくなった」と、動物童話で著名な椋氏は語る。 この童話でひとりぽっちの鶴に何にことよせていたのでしょうか。

2階展示室 鉛筆[区切り]
特集 黒井健の描くキツネ

特集 黒井健の描くキツネ

黒井の描くキツネは「ごんぎつね」「手ぶくろを買いに」がよく知られていますが、他にも多くのキツネを描いています。物語に寄り添って描かれるキツネはそれぞれに別な姿で登場します。その違いについて観ていただける展示にいたしました。

「きつねとぶどう」
出版・1990年/講談社

「キツネとのやくそく」
出版・1998年/河出書房新社

「つきをあらいに」
出版・2011年/ ひかりのくに

「こころはっぱ」
出版・2003年/ 佼成出版社

「とってもとってもいいきもち」
出版・2014年/ フレーベル館

「もりやまみやこ童話選〈3〉」
出版・ 2009年/ ポプラ社

次の展示 鉛筆[区切り]

[次回展示] 2018年6月20日(水)より展示替えを予定しております。

ページトップ
copyright 2005,Ken Office Limited